甲子園 新景創造プロジェクト

クレヴィア甲子園欅通り

クレヴィア甲子園四番町

「近居」「住み替え」のススメ 「近居」「住み替え」のススメ

近くだから、うれしい。
すぐ行ける安心感。
「近居」は親と子の理想的な居住スタイル。

親と子のほどよい距離感、
「近居」が増えている。

「両親の近くに暮らして安心させてあげたい」
「子ども家族の近くに住んで、子育てを支えてあげたい」子どもの結婚や出産、親世帯の定年など、ライフスタイルの変化は、親子の住まい方を考え始める大きなタイミング。そんな親子の居住 スタイルとして注目されているのが「近居」です。
近居には親世帯、子世帯それぞれにどんなメリットがあるかをご紹介します。

ここがおすすめ。
「近居」5つのメリット

子育てをサポート

近居のメリットとしてまずあげられるのが、子育てをいろいろと支えてもらえることなど。
「子どもが発熱!でも夫婦ともに仕事中で早退できない…」。
共働き世帯なら誰もが経験する困りごとにも、ご両親に保育園・幼稚園のお迎えや病院での診察もお願いすることができます。

身の回りをお互いにサポート

近居なら、ちょっとした用事、仕事や通院などで忙しい時にも食事や身の回りのお世話など、ちょっとした時間でお互いにサポートできます。
空いた時間に、サッと掃除をしに行くことも可能です。

病気やケガなどまさかのときも安心

病気やケガは、夜間など予期せぬときにも起きるもの。 そんなときもお互いが近くにいれば、すぐ駆けつけることができ安心です。 また、親世帯が高齢になれば、介護の心配がでてくることもあるでしょう。近居なら、気になったときにすぐ様子も見に 行って、身の回りの世話をし、話し相手になることができます。

気軽に遊びに行ける、ほどよい距離感

同居と違い、お互いの生活に干渉し過ぎずプライバシーを確保しながらも、ちょっと顔を見たい・見せたいときにも気軽に遊びに行ける距離にあり、また、お誕生日やお子様のお祝い事などでも皆で集まりやすいのも魅力です。

資金面でお互いに協力

子世帯のマンション購入にあたり、近くに住むならと、親世帯が資金面で協力してくれるケースが見受けられます。 一方で、定年した親世帯がお子様名義でローンを組むというケースもあり、親子で助け合えるのも近居のメリットといえます。

住宅取得資金贈与の贈与非課税限度額について! 住宅取得資金贈与の贈与非課税限度額について!

近くだから、うれしい。すぐ行ける安心感。
「近居」は親と子の理想的な居住スタイル。

親と子のほどよい距離感、「近居」が増えている。

郊外の戸建てから、子ども夫婦が住むマンションの近くへ。子どもが独立して夫婦2人の生活に戻ったので、いまよりコンパクトなマンションに。 古くなったマンションから新築マンションへ、など。ライフスタイルの変化に応じて快適な暮らしを叶えるために、新築分譲マンションへの「住み替え」メリットについてご紹介します。

使い易さを求めた共用施設

天然石調の大判タイルを敷き詰めたエントランスホールは、住まう方、訪れる人を出迎えるオフィシャルゾーンとして格調高く私邸へと導きます。 住まう方が清々しい気分で行き交う場として、またソファーとテーブルが設置されているので、ときにはゆったりと腰かけて共用の応接空間や住まう方同士のコミュニティスペースとしても活用できます。

暮らしを支える安心・安全性

マンションの生活での大きなメリットともいえるのがセキュリティの高さ。万一の火災や専有部への不正侵入、共用部の設備異常などが起こった場合、警備会社の大阪ガスセキュリティサービスが24時間365日いつでも駆け付けて適切な対応を行います。また、緊急用品や救急用品などを備蓄する防災備蓄倉庫を設置しています。

快適に、暮らしをより
スムーズにしてくれる先進設備

新築分譲マンションなら、不在時でも、宅配などの荷物を24時間いつでも受け取れる宅配ボックスや、ほこりが立ちにくい床暖房など、暮らしを快適にする設備が揃い、快適な暮らしをサポートします。

段差のないバリアフリー

年齢を重ねるにつれて、階段の上り下りや段差が気になってくるもの。マンションは、いわば平屋感覚で暮らせるので、掃除や洗濯物を干すなどの家事を行う際にも、住居内での階段の上り下りがなく安心です。小さなお子さんが階段から落ちる心配もありません。

毎日の維持管理が軽減

ゴミ置き場の掃除や庭の草取りなど、戸建ての暮らしで、日々の管理をずっと続けていくのもラクではありません。マンションでは、そんな管理負担が大幅に軽減されます。